25日
1月25日、月曜日は待ちに待った友達とのデート。各地で大雪が降りえらいことになっていて、多少心配もしましたが、晴れ女のわたくしの力を信じていたら、寒いけれども雪も雨も降らず、予定通り梅田で会うことができました。考えれば、彼女とは高校の1、2、3年と同じクラスで、理系だったためクラスに女子の数が10人前後〜〜まぁ、トイレに行くのも、体操着を着替えるのも何から何まで一緒にしていたものでした。

 私は、まぁちゃんの癌、心臓冠動脈バイパス手術、そして自分のぜんそくなど色々あり、なかなか友達に会うこともできなかったのですが、ここんところ落ち着いてくれているので、出かけたわけです。 そして、春には香港時代のお友達のところに出かけて、何泊もさせてもらいながら積もる話に花を咲かせようと計画しています。  こんな気分になってきたのもだいぶ調子が良くなってきたからでしょう。  と思ったのもつかの間・・・月曜に友達と会ったら、火曜にまぁおばが入院したからと連絡が入り、今日いろいろ手続きをしに出かけなくてはならなくなりました。 トールの仕事はまたキャンセルをお願いした次第で、皆さんに迷惑をかけて、申し訳ない〜〜!!
 
 耳の悪いおばに色々伝えなくてはならないことを手紙に書き、そしてその後に今日の更新となりました。
| marsha | What I thought | 08:13 | - | - |
無事に72歳の誕生日
  先月のことですが、9月の11日にまあちゃん無事にお誕生日を迎えることができました。
  最近、川島なお美さんが痩せてやばいんちゃう?と思っていたら、やっぱりそうで、まぁちゃんと同時期にがんを患っていた、私の同級生も先日亡くなり、かなり、まいってしまいます。その分、生き抜いてくれた事に感謝し、毎日を平凡ですが楽しく暮らして、おいしいものを食べて、笑って過ごしています。
  外食はあまりしないです〜〜二人とも食べる量が減ってきているのと、何より自分で作ると、美味しい〜〜!!これにつきます!!それはそれは、美味しいなぁ〜〜を連発して食べてくれるので、作り甲斐もあるというものです。

  そして、私は、料理とガーデニングと、英語の勉強に忙しくしています。
受験生3人がいましたが、行先の決まった子はもう来なくていいよ〜〜と言い、ただいま、受験生二人です。一人は外大を目指しているので、週二日のレッスンとなり、色々対策を練り、問題集を準備するのに忙しいです。
   そうそう、私はラグビーが面白くなってきて、ニュージーランドやアイルランドといったほかの試合も、結構見ています。前に投げたらダメとか、タックルされたらボールをはなさなくてはいけない、なんて本能に反する規則ばかりで面白い〜〜!!
| marsha | What I thought | 14:07 | - | - |
母の日
 今年の母の日は、博紀が忙しいので何もないんだろうなぁ〜〜と思っていました。2年ほど前にもらったipadを毎日使っている私は、これは「博紀からのプレゼント」と毎日、毎日感謝しながら使っているわけで、本当に英語の勉強に役に立ってくれています!!

 そうこうしていると、仕事が終わった夜に電話がかかってきて、「今日は母の日だね〜〜」とその日にあったセミナー?の話をしたり、来週のロルフィングの話をしたりと・・今度のオフィスは広くて綺麗なので、色々活用できて良かったね〜〜と私(トイレも綺麗なものが二つついている、ワンフロアー借り)高いお家賃もなんのその〜〜と仕事をバリバリ頑張ってしている様子に、心の安らぎをプレゼントされた母なのでした。
| marsha | What I thought | 19:21 | - | - |
まあちゃんの誕生日
もう、昨日になりましたが、9月11日はまあちゃんのお誕生日でした。
去年のお誕生日は病院で迎えたのですが、今回古希のお誕生日は食事に行くことができました。

あれだけの抗がん剤を打ったので、肝臓がやられているみたいですが、それは仕方がない。悪性リンパ腫は抗がん剤が効く数少ないガンですもの・・
その後の心臓バイパス手術も傷跡がだいぶ薄くなってきて、傷だらけの男となっています。

今思い出しても、本当に小説やドラマのように色々あったものだ〜〜と感心しますが、二人で乗り越えた〜〜と実感がわいてきている今日この頃です。

ほとんどなくなりかけた命が戻ってきたので、大切に楽しく生きていきたいと心から思います。

博紀からも電話をもらい、うれしそうなまあちゃんと、うれしい私でした。
| marsha | What I thought | 01:08 | - | - |
退院のご報告
遅くなりましたが、記録、記憶共に残るまぁちゃんの回復力のおかげで木曜の夕方帰宅して参りました。(ドクターもナースもこんなの見たことないっ!!)桜の花もまだ残っていてくれて、無事にお花を見ることができて実に嬉しいです。この度は、二人ともすごい開放感を味わっています!
前回の癌の寛解報告を受けた時は「これで心臓バイパス手術に移ってもらえます」と嬉しくないお言葉も頂戴してしまいましたから・・・

それから1ヶ月半の間に、まぁちゃんがおじいさまから頂いた黒真珠のカフスで形見のピアスを作り、残ったプラチナの土台を売ったお金で指輪をリフォームし直したりと、万が一のことがあっても大丈夫なようにして手術に望みました。私は今回はそれほど疲れていないと思っていましたが、昨日も今日もTVを見ている間に寝てしまうこと・・寝てしまうこと・・やっぱりほっとしたのでしょうね〜〜

病院がよいの時によくお世話になった、JR西宮すぐそばの咲菜(SAKANA)のお総菜やお弁当に、しばらくお世話になってヘルシーな食生活を送りたいと思います。家庭で、あれだけいろいろ作れないもの!!
| marsha | What I thought | 23:54 | - | - |
無事に手術終了!
3月22日に入院し、25日朝から手術でした。あぁ、まあちゃんの心臓血管外科の手術です。胸を開いて肋骨を切り、裏に隠れている太い血管やら、足から静脈、左手からは動脈を使っての計5カ所のバイパス手術でした。
最低でも6〜7時間はかかると聞いていたのですが、7時間を過ぎても先生からお声がかからないと、まぁ久しぶりに喘息がでだし、(私の喘息は本当に精神的なものやなぁ〜〜)と感心しているうちに、ハンサムな小山先生からまだ縫合はしてませんが、無事に手術は終わりましたと報告がありました。
それからICUに移されて様子を見に行くと、それはそれは痛々しい姿で横たわっておりました。朝の8時40分頃から始まった手術は夜の7時半頃までかかったのでした。
先生曰く、開いてみると動脈硬化が想像以上に悪く、血管が鉗子が使えないほどぼろぼろで、縫合するのに苦労したとのことでしたが、やはり手術をしてよかったです・・・と言われました。いくら時間のかかる手術と言っても、癌の治療の時とは違って、一日で済むし、術後はどんどん良くなってくれるでしょうから、結構安心しています。
精神的には癌の時の方が何倍もきつかったです。
そうそう、術後二日目で歩いてトイレに行き、重湯も食べたそうな・・・
所狭しと並べられていた機械類はずいぶん減っていて、管もずいぶん減っておりましたが、胸の30cmほどある傷が痛々しい〜〜
まあちゃんはよくカラオケで「傷だらけの人生」とか歌っていましたが、まさに満身創痍!!もう、これでまあちゃんの入院は終わりにしてもらって、
私のことを大事、大事に扱ってもらいます〜〜
| marsha | What I thought | 01:05 | - | - |
水仙

勇気を出してね!と言ってくれてるかのように、我が家の水仙が頑張って咲いてくれています。
南の庭にも所狭しと咲いてくれ、2階から教室に行く時に必ず目に付く階段そばにこうやって咲いてくれています。
とても勇気をもらっています。
| marsha | What I thought | 18:10 | - | - |
医療費
今日、去年9,10月の医療費のお知らせが来ました。
まあちゃんは、1,969,960円なんと苦労の多いこと〜〜
約半分の治療が終わった時です。
私は9月、10月にかかった喘息の治療費が114,560円〜〜
私は次の月から本格的な検査が始まり、窓口支払いが1回2万近くだったりと支払いはどんどんかさんでゆきます〜〜。
保険でまあちゃんは2割、私は3割なので、助かっていますが、やはり高いですよね〜〜

そうそう、まあちゃんはやはり心臓の手術を受けなくてはいけないのです。
カテーテルなんて生易しいものではなく、足の静脈をとって動脈にバイパスを作るという手術です。最近はその手術前検査に足繁く通っていますが、3週間ほどの入院になる予定〜〜

またまた、かなりのお金がかかりそうであります!!
| marsha | What I thought | 00:15 | - | - |
寛解
まあちゃんの寛解報告です。
先日12日に3回目のPET検査を受け、15日にお話を聞きに行きました。
あれだけ、体中に散らばっていたガンは見事に消えて寛解です。あとは2ヶ月に1回の経過観察でいいので、心臓の手術に移ってください・・と言われてしまいまして〜〜
悪性リンパ腫の方は半年の治療が終わり、只今毛が生えてくるのを待っている状態です。
ご心配をおかけしていた皆様方、応援ありがとうございました。

心臓手術に関しては、今度行くことになっている循環器の先生に詳しく話を聞いてきます。抗がん剤をガンガン打ったから心臓が止まってしまったのだと思うのですが〜〜〜

私はというと本当に長いあいだのしわがれ声で、英語の先生をしているのに、えらいことだ〜〜と思っていましたが、まあちゃんの寛解の知らせで、だんだんと声が出るようになってきました。岡崎先生曰く、喘息の吸入ステロイドの副作用で声が出にくくなっているとのことでしたが、本人が思うにやはりストレスだったのではないかしら?
美智子妃殿下が確かストレスからお声が出なくなったことがあったような・・私のストレスと比べては申し訳ないけれど、ストレスからお声が出なくなることがあるのだ・・・とびっくりしたことを覚えています。

この度の経験から、人生観が変わったような気がします。もう少々のことでは驚きません〜〜春の訪れとおもに、心も体も軽くなってくれるといいなぁ!!

| marsha | What I thought | 00:53 | - | - |
空に近い週末/今井美樹
まあちゃんが第3クールの点滴の抗がん剤を打ち終えて、只今帰宅中・・
病院からの帰りに、早速「焼き鳥」が食べたいというので、まずは腹ごしらえ・・吐き気に苦しんで治療が進まない人が多い中、あれが食べたい・・これが食べたいと言ってくれるので、作りがいがありますが、神経も使います。必ず火を通すようにしているので、お魚類もお刺身やお寿司はダメですがだいぶ治療の進め方にも慣れてきました。それでもまだ折り返し点にも届いていません。

この頃、食事を作りながらよく口ずさむのが、「空に近い週末/今井美樹」のどれくらい疲れてたか今分かる・・というフレーズです。
先日、ウェディングボードを描きたいので教えてもらえないかという電話がありましたが、事情をお伝えしてお力になれないことを説明しました。
その時に思ったのですが、仕事だから仕方はなかったものの、一人息子の結婚式に出れない私にとって、人様のボードのお手伝いをするのがどんなに精神的にきつかったか・・また人様の結婚式の写真を見るのがどれだけきつかったかが、今よくわかるのです。

また、来年3月、アメリカはニューヨークでトールの展示即売会をするので、是非協力して欲しいという連絡が入ったのです。アメリカ人から直接ある会社に、私の作品がバラエティーに富んでいるので、と名指しで要望があったとのこと・・まぁ嬉しいお話ではありましたが、これまた今の事情を説明して、お断りしました。

そうそう・・・11月からはトールのレッスンをぼちぼち始めようかな?と思っています。まだまだ検査や入院があるので、かなり変則的になりますが、連絡開始しようと思っています。
| marsha | What I thought | 01:47 | - | - |
只今、抗がん剤治療中・・
治療に入る前には、必ず心臓の検査をします。抗がん剤に耐えられるかどうかを見るためでしょうが、循環器の若くてハンサムなドクター曰く、「ようこれだけボロボロの冠動脈で、人並みの心電図ですなぁ〜〜」と褒められているのかけなされているのか、理解に苦しむコメント・・3本の内の1本しかまともに働いていないのに、すごいですよね〜〜血液内科の若い女医さんからは「白血球の赤ちゃんができてきていますね〜〜」ですって・・・

私は、かかりつけの喘息のドクターから、「本当に信じられない位、敏感やなぁ〜〜」と言われて、自分でも精神的なものが多いに作用する喘息であるということは、再認識していましたが、まあちゃんの治療が順調と聞くと咳も全く出ません。まあちゃんからの朝コールは、「咳はどうだった?」で始まります。、ここ2日は、嘘みたいにぐっすり寝れました。

ということで、これからの私は今まで以上に嫌なことは絶対に嫌で通すことにしました。体が大事ですもの・・・
| marsha | What I thought | 10:59 | - | - |
お久しぶりです・・
まあちゃんは食欲もあり、来週からの第三クールの治療待ち状態です。明日は心臓の検査がありますが、多分大丈夫だと思います。
私が、季節の変わり目や台風接近、まぁ尋常ではない状態に置かれて、体が悲鳴をあげてしまい、喘息の発作が起きる・・・起きる・・・・注射の痕が痛々しく残るのに、咳が止まらず、座ったままうつらうつらする状態が何日も続いてしまいました。ご心配をおかけしてすみません・・・
私の場合は、やはり信じられない位、精神的なものがあるのだそうで、心の状態がすぐ喘息として現れてしまいます。
以前は、半錠でも効きまくっていた、睡眠導入剤・・・全然効きません〜〜

そんな中、まるで違う人格者になった母は、何かと一緒に心配してくれ、良くしてくれます。この切羽詰った状態で、自分が母親であることを思い出してくれたのかな?ありがたいことです・・

まずは簡単なご報告でした・・
| marsha | What I thought | 19:09 | - | - |
お見舞い
皆さん、まあちゃんの入院を知ってお見舞い金やお見舞いの品を届けて下さいます。
お見舞い金は、理由を説明して一切頂いていないのですが、昨日はお見舞いの品が届きました。有難うございます。本当にお気持ちは嬉しいのですが、まあちゃんは今、抗がん剤の影響で、生ものは絶対禁止、消毒に気を遣い私と話をする時にもマスクをしています。
ドクターから「生もの、いちごのような果物は一切禁止!」と言われています。以前、家から持ち込んだ食べ物が原因で、命を落とした患者さんがいたそうなのです。ですから、私も一切何も食べ物を持って行っていません。完全に病院にお任せしている状態です。ですから、抗がん剤がうまく効き、もとのまあちゃんに戻れることを祈ってくださるだけで十分なのです。ですからお見舞いの品物は当然私が頂くことになるのですが、お昼も晩も外で済ませて、帰ってきて英語の授業を終えたらすぐ寝てしまっている私だけでは、そんなに食べきれず、母や生徒に手伝ってもらうことになります。本当にお気持ちだけで結構ですので、ありがとうございます。
お見舞い金も、神戸の叔母がまあちゃんの病気の話をしたその日に、「急な話やからさぁ、手持ちがいくらあるかわからんけど・・と言いながら2階に上がって行き、まずは100万あげるから・・・とくれました。それに反して実の母はいつもどおりの訳のわからない反応でしたが、直談判すると、叔母に負けるものか!!とあの大雨の日、頑張って私の通帳にお金を入れてきてくれました。そしてそれを渡してくれる時、初めて「体に気をつけて、頑張りや〜〜」と言ってくれました。「その言葉が欲しかった・・・」と母親の過去の意地悪はす〜〜〜っと消えました。これで、まあちゃんと一緒に入れるお墓を用意できます。まあちゃんの前の奥様からも、私に任せてもらえたので・・

今日も、もうすぐ家を出て病院に行ってきます。帰ってきたら英語の授業・・野球部の子なので完全休養だった木曜日をその生徒用に使っています。高校生たちが皆試験前なので大忙しです・・・
| marsha | What I thought | 09:41 | - | - |
癒しのカップ

このカップは、トールの生徒さんが夏休みに娘さんから預かったというカップです。
最初、「お見舞い?」と思いましたが、どうやら、私が娘さんだったか、お孫さんだったかに何かプレゼントしたのだそうで、(私は全然記憶にないのですが・・)それのお返し?だったようです。トールをしばらく休んでいたので、先日頂いたのです。
夜にはひとりでお茶を飲むこの頃なので、二人で使っていたカップのひとつでお茶を飲むのはきつく、袋からこれが出てきたときはとても嬉しかったです。TVを見ながら、ゆっくりこのカップでお茶を頂いています。
ありがとう・・ゆみちゃん!!
最近は本当に不思議な出来事が色々起こり、それが何を意味するのかはのちになってみないとわからないのでしょうが、今回のまあちゃんの余命2、3ヶ月事件は、まあちゃんが体を張って、私と博紀の間を修復させることにあったような気がします。二人共意地っ張りですが、余命2、3カ月と聞くと
流石に迷わず博紀に連絡を取りました。そしてすぐお誕生日のケーキ(入院した次の日がまあちゃんのお誕生日だったので)を持ってお見舞いに来てくれ、病院からの帰り道には本当に久しぶりに二人で居酒屋に行き、泣いたり笑ったりしました。
今のまあちゃんの回復ぶりからは「笑い話」になるでしょうが、「お葬式」の相談もしたりしました。私とまあちゃんは結婚していないので、入院手続き、保険の手続き、その他、まぁ大変・・・
病院で看護婦さんにご挨拶するとき「妹です・・」なんて言って、皆で笑っています。看護婦さんたちがやたら私と会いたがってくれているのは、前にも言ったように、まあちゃんが人気者だからでしょう。
昨日も、夜のレッスンを朝に替えてもらい(英語を教えている生徒たちからも色々協力してもらっています。)病院に行って、色々話をしていると、急に睡魔が襲ってきて、「まあちゃん〜〜ねむいから、ちょっとどこかで寝てくる・・」というと、「俺のベットで寝たら?俺は椅子に座ってるから!!」
ですって・・笑っちゃいますよね・・看護婦さんが、どうですか?と聞きに来てくださる度、「元気です!!」と・・・病院で仲良しになったお友達にも、紹介してもらいました。
まあちゃんは信じられない位、抗がん剤が良く効いて、「体が軽いわ・・やっぱり病気やったんやな・・」と・・私はひとりで、安くて美味しい店はないかと食べ歩きをしています。ホテル内にあるレストランで美味しいローストビーフを食べさせてくれるところを見つけて、既に2回行っています。
美味しい、神戸牛を早くまあちゃんにも食べさせてあげたい!!
| marsha | What I thought | 07:19 | - | - |
冬眠前のくま状態・・
最近、そんなに食べないのに、私はどんどんお肉がついていっています。薬のせいかな?と思ったり、代謝が落ちているし、階段を上るだけでゼイゼイするので運動なんて全然してないし・・・まぁ当たり前かと
でもわかったのです・・・明日からちょっとタフな生活が始まりますので、それを乗り切るために、冬眠前のくまのように、脂肪を蓄えているのです・・・きっと!!
A friend in need is a friend indeed. を実感する今日このごろです。
| marsha | What I thought | 00:10 | - | - |
不思議な出来事・・
大事な用事があって、息子にメールを出しましたが、返ってくる返事は、文字化け・・また出しても文字化け・・「もう嫌ね〜〜」と思っていると、電話がかかってきて、色々話をしました。
そんな状況の中、今日は朝から、まあちゃんと二人でお出かけをしていました。その場所には自動演奏ピアノがおいてあり、ベートーヴェンの「トルコ行進曲」が流れておりました。香港在住時代のピアノ演奏会で、博紀の選んだ曲はモーツァルトではなく、ベートーヴェンの「トルコ行進曲」だったのです。小学3、4年生の子には難しすぎる曲でしたが、言いだしたら聞かないので、ピアノの先生が夏休みに自分で練習して、なんとかなりそうだと思えたら、それで行く・・ということに・・・ほとんどがオクターブを越す和音の連続で大変だったのですが、なんとか弾きこなした曲だったのです。
思わず、息子にメールを出して、今ベートーヴェンの「トルコ行進曲」がかかっている・・・と言いました。「懐かしいなぁ・・・」と返事が来ましたが、携帯だと文字化けもせず、ストレス解消・・・
自動演奏ピアノはショパンの「幻想即興曲」なども奏でていましたが、日本に帰ってきてから、ベートーヴェンの「トルコ行進曲」を聞くのは今日が初めてでした。

You Tube で改めて聞いてみると、すごいのをやり遂げた!!・・・香港ではピースがなくて、日本からわざわざ取り寄せたのですが、難度がDだったので、びっくりしたのを覚えています。私が子供の時に弾いた発表会の曲はランゲの花の歌で難度Bだったと思います・・博紀の指がガッ〜〜と開いてオクターブプラス2,3音は楽に弾けていたのと、ピアノの先生にちょっと才能あるかも??なんて言われて、あの頃はピアノママしてましたね・・・「どうして僕にピアノ習わせたの?」と聞かれて、「ママがピアノ好きだし、やってみないと良さがわからないでしょう?」と・・感謝されたのはアメリカ留学中にみんなの前で、ピアノを弾いてびっくりされた時だったような?
好きな曲が弾けたり、楽譜が読めるのも当たり前と思っていた彼は、ピアノを習っていたおかげだと気づいたみたいです。
| marsha | What I thought | 19:43 | - | - |
はなみずき・・Dogwood

今日は作品の写真ではなく、お庭のはなみずきの写真です。数年前に母親と兄にメチャクチャに切られて、木も私の心もずたずたになったのですが、そのはなみずきがようやく、枝を伸ばし、花(実際はがく?)を咲かせてくれました。まだまだ少ないですが、本当に丸坊主の数年でしたから、毎日階段を上り下りするときに目に付くと、それはそれは嬉しいですよ〜〜また、お花を咲かせている真っ最中に根元からばっさり切られたアジサイも、元気に花芽をつけて自分の出番を待っています。頑張っているお花を見ると、私もだんだん元気になれる気がして、お庭にでるのが楽しい毎日です。


作品の写真はないといってましたが・・ありました。Bird Houseです。お日様を浴びてとても気持ちよさそうです。
| marsha | What I thought | 15:24 | - | - |
喘息
2月の後半からつい2,3日前まで、咳が出て咳が出て、喉からも鼻からも血・・横になると一睡もできない(体を起こして、少しだけうとうと・・)つらい状態が5日ほど続きました。知り合いのドクターから、内科は守備範囲が広いので、専門でないと、治療方法も薬も違うので呼吸器専門のお医者様に行かれたほうが良いと思いますよ・・と言われていたこともあり、3月1日(木)に行ってきました。色々な専門的な検査や点滴を受けて少しはましになりましたが、夜中に寝られないのは続きます。腹筋が痛い!!左耳からは体液が流れ出てくる〜〜声が全然でない・・息が吸えないので、死ぬかも!救急車を呼んでもらおうかと、人生で初めて思いました
トール教室を開いて以来、自分の体調のせいで、レッスンをキャンセルしたのは、12年目で初めてです。電話もかけられない状態だったので、まあチャンに「実は〜〜」とキャンセルの電話をしてもらったり、私がメールをしたりと、ばたばたの状態でした。
3月1日の時点で、インフルエンザでもないことは判明していましたし、慢性気管支炎ということで、5年ほど別のお医者様にかかっていることや、処方箋ももって行きました・・専門家は「このアドエアーは子供の分量ですから効きませんね〜〜」と(内心は呆れておられたと思います)喘息用のフルコースと言われる処置をしていただきましたが、少しは良くなっても、夜、寝られないのは同じ・・・次の日もまた点滴やらその他の処置を受けに行きました。「なかなか、しぶといなぁ〜〜精神的なものもあるかもしれないね〜〜」そして土日をはさんで、今日また診察に行きました。
検査結果が出ていて、

血液像(白血球分類) 好酸球15.2(基準値1~6)
IgE 696(基準値64)

説明によると、肺炎の一歩手前だったとか・・そして喘息であることも告げられ、これからの治療方針を説明していただきました。
新しい先生のところのロゴは肺の絵と聴診器が入っているのですよ〜〜色々な模型も置いてあり、素人にもわかりやすく、説明してくださるし、何より、「僕に任せなさい〜〜」オーラが伝わってきます。先生のおっしゃるとおりの生活をして、喘息と巧く付き合っていく、覚悟をした今日でした。喘息の発作のときに吸入する薬をもらって、今日お昼寝にのぞんでみました。1時間半くらいはぐっすり寝れました!!これで試験前に、「咳が出たらどうしよう・・どうしよう・・」と思いながら受けなくてすむので、生徒達と一緒に今回は英検を受けてみようか?などと考えています。

この違いを味わって、御自分の時の参考になさってくださいね〜

左側は発作の薬です。 右側は言わずと知れた咳止めシロップ・・
私はこのたび、まずはかかりつけのお医者様に行ったのですが、出てきたのがこのシロップ!!それで、その先生とはさっさとお別れすることにして、呼吸器科の先生のところに行ったのでした〜〜
| marsha | What I thought | 17:23 | - | - |
兄の相手はあほらしい・・生徒の相手は楽しい限り・・
散々、かき回されて、ますます嫌いになった兄ですが、
自分の兄だから、多少は「こうあって欲しい〜〜」という理想や願望がありますよね・・
でも、何を言っても無駄ということが、この度はっきりしたので、小学生相手に腹を立てるのもバカらしくなってきて、かえってスッキリしました。

それに反して、英語の生徒達は、本当に私の言うことを信じて、英語の勉強に励んでくれるので、点数も上がりだし、「先生!世界史の勉強はどうしたらいいですか?」などと、聞いてくれるようになりました。(男子高校生)

武庫川のSE(Super English) の子も、英語はかなり力がついてきたので、今は苦手な数学も教えています。「ここで勉強するほうが良くわかる!」
と言ってくれて、かわいい限り〜〜

素直な子供たち、将来を担う子供たちにかかわれるお仕事は、やりがいがあります。今だに、寝る前には毎日CDを聞いていますが、英語だけのTVドラマもかなり理解できるようになって来ました。英語力は、どれだけ勉強したか・・質×時間・・ ということをますます実感しています。

くれない族(わかってくれない、〜〜してくれない)はやめてクレタ族をめざします。
| marsha | What I thought | 17:00 | - | - |
11月28日のこと
30年前にアメリカはサンタモニカで博紀を生んだ日です。まるで昨日のことのように、はっきり覚えています。陣痛室にいてもまだ、つわりで苦しかった・・頭が見えてきてから、分娩室に運ばれたのだけれど、”Push!Push!”と声をかけられました。まさにPush ですよね・・
ドクターが"It's a boy. Perfect!"
とおっしゃるのを聞いて、「赤ちゃんの時にはItを使うと習ったけれど、本当だ・・五体満足なんだ」と思ったのを覚えています。出産の数日前に買った卵、10個中5個か6個が双子だったので、これは何かの知らせか・・・と思ったことをドクターに興奮しながら話してました。そして、出産とともに吐き気が綺麗さっぱりなくなり、"I'm very hungry."といって、夜中にエッグサラダサンドイッチをもってきてもらいむしゃむしゃ食べました。一口食べて「吐き気がしない・・・」と言ったのを覚えています。

博紀にBirthday mail を送り、「おめでとう」を言うとともに、時間がかかったけれど、ようやく「現実」を受け入れることができるようになった旨を伝えました。
自分の意思を貫いてくれて良かったと、つくづく思う今日この頃です。
| marsha | What I thought | 00:08 | - | - |
その後
「兄に宝石を捜してあげてくれたんでしょうね?」と聞くと
警察が捜したから、自分は探してないと返事が来た・・

少しは母親の痴呆のことを考えて、探してやってくれればいいものを・・
私かヘルパーさんを犯人にしたいらしい!
兄貴が間に入るとややこしいことになるのを嫌と言うほど経験している私は、自分で解決することに・・

その前に、上野千鶴子さんの悩み相談(朝日新聞)を読み、「そうね・・親だからって嫌いなものを好きにならなくてもいいんだ・・」ととても気が楽になり、その中で佐野洋子さんも母親が嫌いと書いてあったので早速「母親との確執」についての本「シズコさん」を借りてきて読み終えました。
しかし、うちのシズコさんのほうが絶対すごい!!

「お母さん、娘を疑って悪かったと思わないの?少しでもそんな気があるんなら、謝ってよ・・」と言い、何でも「忘れた・・忘れた・・」という母に
「もういいわ・・ぼけるんやったら、かわいいおばあちゃんになりっ!!」
と言ったら「そうする・・」というではありませんか!そうしたら、不思議なもので、私の怒りも急に収まって、「まぁこの件が片付いたら、鍵も預かるし、時々は差し入れもするから・・ただ、当たり前とは思わないでね」と言う単純な私・・・

早速、昨日はスイートポテト、今日はバナナ、りんご、柿を入れたクラフィティーを届けました。(本当に、自分でも驚くくらいの心の変化です。)
体が元気になってきたからでしょうか?精神も元気になってきたようです。


| marsha | What I thought | 00:32 | - | - |
その後・・・
指輪泥棒事件のその後の経過を記録しておきます。

11月の19日(土)に母親と兄が最寄の交番に行くことになっていると連絡があり、内容を二人だけ(兄と私)だけで話したいので、北口の喫茶店に出てくるように言われるも、母親の前できちんと話すか、メールで知らせてくれれば良い・・・と言ったら、夜にQ&A方式のメールが届く・・

裕と言うのは兄、前田さんと言うのは警察官・・

裕Q3;お袋はあなた方の前で、「絶対ヘルバーさんではない!」て言ったのか?

前田A3;言われた。
だから妹さんが激昂されたのですが、私達は立ち入れなかった。
(何回もそう言ったでしょうが!!警察の人が証明してくれて良かった!)

裕Q4;(前田さんへ)貴方の個人的印象では、妹が盗ったと思うか?

前田A4;証拠は無いのだが、あくまで私の個人的な印象では妹さんでは無いと思う。

(流石に、警察の人は見る目があるわ!!)

裕Q5;それで「紛失届」の扱いにしたのか?

前田A5;お母さんはヘルバーさんをとても信頼されているようだし、理論上は妹さんの可能性も有り、万一妹さんだという証拠が出たと仮定しても、親族なので法律上は罪に問えない。

(そうだったの・・良いこと聞いちゃった!)

裕Q6;私も妹では無いと思うが、ヘルバーさんが犯人という証拠もない。

逸失届を被害届に差し替えて指紋等調べて欲しいと言えば、改めて受付て貰えるか?

(気分悪〜〜!)

と色々まだ他にもあるけれど、最後に「色々家族と話し合って
明日でもメール」する・・・と言っておきながら、1週間がたとうとしているのに、なしのつぶて・・催促のメールにも返事が来ない・・
母親にも何の連絡もない・・

いい加減にしろ!!

| marsha | What I thought | 23:56 | - | - |
小さな幸せ
地震の詳細がわかってくるにつけ、
暖かいご飯を食べれる幸せ、好きなときにお風呂に入れる幸せ、
欲しいものを買いに行ける幸せ等を感じています。
そして、何よりも安心して毎日を過ごせるのは、
何かあった時に絶対に守ってくれる人がそばにいてくれる事です。
大きな家に住んだり、お金を一杯持っていても、
あっという間に何もかもなくなってしまう可能性があるのだから、
毎日の小さな幸せに感謝!

ところで、赤星君の車椅子寄付や
仁科明子が38歳で子宮頸がんになったことなど
あまりに同じ宣伝が流されると、さすがに嫌になってきます。
そんな中、
おはようさぎ、いただきマウス、こんにちワニ、
等は飽きません・・・
早速我が家も、
おやすミルク、おはヨーグルト、ただいマンゴ、おかえリンゴ、
等絶対に食べ物をつけて言うことにして遊んでいます。

| marsha | What I thought | 01:38 | - | - |
地震
金曜のレッスン中に生徒さんの所に安否を尋ねるメールや
電話がかかってきました。何にも感じていなかった私達は、
こんな大変な地震が起こったとは露思わず、のんきにしておりましたが・・
その後TVをつけてびっくり・・・
阪神大震災もすごかったですが、今回の地震は津波のすごさが映画を見ているようで、信じられない・・・
一瞬にして何もかも失ってしまう・・・
気の毒で、気の毒でなりません。
ご近所にお住まいの生徒さんの息子さんのご家族が仙台と聞いているので、
さぞかしご心配なことでしょう・・
無事であればいいのにと切に願います。

またもや阪神大震災の時のもろもろが思い出されます。

| marsha | What I thought | 02:37 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop