怒るってすごいエネルギー!
11月に入って全然何も書いていませんでした。
まぁ、色々ありまして・・
日記がてら、思い出しながら書いておきます。
まず、11月4日(金)の午前中のレッスン中に
突然警察がやってきました。
「お隣のお母さんの宝石が盗まれたらしいのですが、
何かご存知ありませんか?」
「色々ありまして、しばらくあちらには行っていないのです。」
「宝石のありかはご存知ですか?」
「前は三面鏡の引き出しに入れていたと思いますが・・」
生年月日や電話番号、実の娘さんですか?等と色々聞かれ・・
「鍵をもってらっしゃるのは、娘さんだけだ!」
と言うことなんですが、それであっているでしょうか?
「はい、万一の時に必要なので預かっていますが、
最近は私は体の調子が悪いので、
ご飯を届けることもしていませんし、
全然行っていないのですが、
なぜ、私に何も聞かないで直接警察に届けたんでしょう?
ヘルパーさんも出入りしてるわけだから、
その可能性はありませんか?」とか言いながら、警察官とともに
私は母に文句を言いに久しぶりに母に家に行きました。
「警察に届ける前に、どうして私に聞かないの?」
と言うと、「こんな喧嘩状態で、電話かけれるわけないでしょう!」
ときました。「他の用事なら、かけてくるじゃないの!!」と言うと
「事がことだから、そんなこと聞けないわ!」
「じゃあ、頭から私が犯人と決めつけてるんだね!」
「窓も壊されていなくて、宝石がなくなっているのなら、
ヘルパーさんだって出入りしているのだから、
その可能性もあるわけでしょう?」
「あの人は絶対していません!」本当に頭の血管が切れるかと思うくらい腹が立ち、
「どうしてそんなに娘をいじめるのよ!!」
と警察官など7人程いるなか、大喧嘩!!
情けないのと悔しい思いをしながら、教室に戻っていると
その後、何回か警察が教室にやって来て、
生徒さんもどう反応していいやら、戸惑っていらっしゃいました。
警察曰く「私達は、娘さんではない・・可能性としてはヘルパーさんでは・・と申し上げてるんですが、
ヘルパーさんでは絶対ないとおっしゃるのですよ・・」
「それって、やっぱり私が盗んだと思っているのですね・・」
「母の母、私の祖母も自分の息子や嫁を泥棒!泥棒!とののしり、
挙句に病院に入れられて、
あまりにも凶暴で看護婦さんに危害を加えるので
ベッドにくくられていましたから・・」と話をすると、
「最初は5個か6個と言っていた宝石が、
途中から10個に増えましたから、
少しボケだしてらっしゃるかも知れませんね・・
こんなことがあると波風が立って、えらいことになるのが普通ですから・・」と気遣ってくださる警察
「もう喧嘩しているので大丈夫です・・・」と
警察が来たその日、英語のレッスンが終わった後10時過ぎに、
例の鍵を返しに行きました。鍵を預かっているだけで
泥棒扱いされて・・色々話を聞くと、警察に届けるように言ったのは「私のあの兄貴だと言うではありませんか!」
信じられなくて、文句を言ってやろうと思っている間に、
向こうから、話があるからとメールが来ました。
私は現在8人の中、高、大学生に英語を教えているので
木曜日しか空きがないから、その日にしてくれと言うのに、
「そんなに急に言われても・・」って
(自分が話しに来いって言ったくせに!!信じられない!!
最終的には、自分の都合の良い時間帯を指定してきたのです。
やはり、兄が警察に届けるように言ったというのです!」
「物がなくなってるんだから、当たり前やろ!」
| marsha | What we did | 19:56 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop